プレマリン通販情報、口コミ・効果、使用前の注意点まとめ

 

卵胞ホルモンを補う働き

 

 

更年期症状、陰部の炎症の強い味方「プレマリン」

 

 

プレマリン

 

 

プレマリンを通販で買うならオオサカ堂が良い理由
  • 1997年創業の老舗個人輸入代行サイト、普通の通販サイトと同じよう利用できる。
  • 100%正規品保証、他サイトに比べると価格も抑えられている。
  • 全国送料無料、梱包物に商品名の記載なし、プライバシーにも配慮
  • まとめ買いをした時の割引額も大きい

 

オオサカ堂では有効成分が同じで価格は抑えられているプレマリンジェネリック「プレモン」の販売も行っています。

 

 

 

 

プレマリンは更年期障害の治療や症状緩和のために使われることが多い薬です。

 

 

名前は聞いたことがあるけど使ったことが無い方は、どんな薬なのか良く分からないことでしょう。
プレマリンの特徴や効果について解説していきます。

 

知っておきたい注意点や副作用、正しい使い方などについても説明していきます。

 

プレマリンの効果とメカニズムを説明

 

プレマリンは閉経によって少なくなった女性ホルモンを補う効果が期待出来ると言われています。
女性ホルモンを補うことによって、更年期障害の症状を緩和するために用いられる薬です。
更年期障害にはどのような症状があると思いますか?

 

  • 冷え性
  • 頭痛
  • 激しい動悸

 

これらの症状が毎日出てくるとしたら毎日の生活が辛くなります。
ライフクオリティを更年期によって下げないように、プレマリンは女性の生活をサポートしてくれます。
プレマリンは更年期のためだけではなく、不妊治療に使われることもあります。

 

不妊には女性ホルモンを増やす治療が欠かせません。
女性ホルモンを増やすことによって、卵巣の機能が活発化することがあります。
機能性子宮出血などの病気にも有効な薬と考えられています。
婦人科系の病気において使用されることが多い薬です。

 

プレマリンのメカニズム

 

プレマリンはどのように女性の体のサポートをしてくれるのか、そのメカニズムについて説明します。
体の中で生成される女性ホルモンにはいくつかのタイプがありますが、一番婦人科系の病気などに関係するのが卵胞ホルモンです。
卵胞ホルモンはエストロゲンと呼ばれることもあります。
そこでプレマリンはエストロゲンを主成分にして、女性のホルモンバランスを整えようとします。
プレマリンを服用することによって、結合型エストロゲンを体内に取り入れます。
結合型エストロゲンは、すでに体内の中にある天然のエストロゲン受容体と結びつきます。
結びつくことで子宮や卵巣などのホルモン環境を整え、更年期障害の症状などを緩和してくれるのです。
機能性子宮出血などの病気の症状も軽くしてくれると考えられています。

 

プレマリンの知っておきたい特徴

 

前の項で説明したエストロゲンですが、いくつかの種類があります。
プレマリンで使われているのは結合型エストロゲンです。
なぜ結合型エストロゲンを主成分にしているかというと、体内にある一番体に影響力のある受容体と結びついてくれるからです。
そして女性の体への負担が低いからです。

 

女性のホルモンバランスを整えるときに一番効率よく働いてくれるのがエストラジオールです。
しかしエストラジオールは作用が強く体に負担がかかりやすいのです。
エストロゲンの中に含まれているエストロンはエストラジオールの半分の強さなのに、十分な働きをします。
もちろんエストラジオールよりは働きは少ないですが、他の成分よりも数倍の作用があるのです。
つまり結合型エストロゲンは、体への負担と働きのバランスが一番優れている成分です。

 

薬としての強さは中程度となりますが、トータルバランスが最も取れている薬なのです。
何らかの理由で卵巣の機能が弱くなると不妊になりやすくなります。
卵巣が上手く働かないなら、エストロゲンが体内では十分に作られません。
そんな時に活躍するのがプレマリンです。
また卵巣がんで卵巣自体を摘出し、女性ホルモンが足りなくなったときの治療にも力を発揮します。
プレマリンは天然のエストロゲンを使用しているため、婦人科系の病気の治療で最初に使用されることが多いです。
それだけ医師からの信頼も得ている薬であると言えますね。

 

プレマリン使用前の注意点や副作用について

 

プレマリンを使う前に覚えておくべき注意点は、卵胞ホルモンにより悪化するがんにかかっている人は飲まない方が良いという点です。
このような種類のがんが卵胞ホルモンによって悪化すると言われています。

 

★乳がん
★子宮がん

 

乳がんや子宮がんの治療中の人は、プレマリンを飲んではなりません。
プレマリンを飲むことで、ガンに餌をあげて悪化させてしまうので注意してください。
他にも理由の分からない性器出血があるときにも気を付けなくてはなりません。
血栓性静脈炎や心筋梗塞のある人や、血栓性疾患のある人も服用しない方が良いでしょう。
プレマリンを飲むことによって血液が通常よりも濃度が高くなり、血栓ができやすくなるケースがあるからです。

 

プレマリンの副作用とは

 

考えられる副作用には、どのような症状があるでしょうか?
乳房が張ってくることや痛みを感じることが稀にあります。
人によっては吐き気を感じたり頭痛を感じたりすることもあります。
しかしプレマリンの作用に体が慣れてくると、これらの症状は緩和することがあります。
心配なときには早めに医師に相談するようにして下さい。
注意したい副作用は血栓症です。
血液が固まることによって血管が詰まってしまう症状ですが、人によっては症状が悪化することがあります。
もし血栓ができると、ふくらはぎが痛むことやしびれることがありますし、目まいや息切れを感じます。
突然視力が落ちることもあるため、該当する症状が出てきたら早めに専門家に診てもらって下さい。

 

プレマリンの効果をしっかりと感じる使い方ってあるの?

 

プレマリンの効果をしっかり感じる使い方は、一日決められた量を服用することです。
一般的な成人女性なら、一日0.8mg前後の量となります。
もし機能性子宮出血や膣炎の治療のためであれば1mg前後の服用となります。
医師から指示されたとおりの量を飲むようにしてください。
更年期障害の症状を緩和するときには、抗体ホルモン薬と併用すると効果をより感じやすくなります。
飲む期間も周期的に変えていきますから、医師の指示に従うようにしましょう。

 

飲んでいる間に気を付けること

 

プレマリンの効果を感じるためには飲み続けなくてはなりません。
この薬を飲み続けるために大切なのが血栓症の予防です。
血栓症になってしまったら服用を続けられなくなります。
そこで血栓症にならないために以下のことに気を付けてください。

 

★水分補給
★適度な運動

 

プレマリンを飲んでいる期間は血液が簡単にドロドロになってしまいますから、水分補給をまめにして少しでも血液がさらさらになるようにします。
長い時間車や電車に乗るとき、また飛行機に乗るときには血栓症になりやすくなります。
血が足下にたまらないように、こまめに体を動かしてください。
普段から適度な運動をするようにも意識すると良いです。

 

プレマリンを利用についてのよくある質問

 

プレマリンについてよくある質問を扱いましょう。

 

・・プレマリンを使うとシミが出来るって本当?

 

この薬を服用するからと言って、シミが必ず出来るわけではありません。
黄色人種は女性ホルモンが増えると、顔に黒いシミが出来やすいと考えられています。
しかし薄いシミですし、何か身体の異常というわけではないので安心しましょう。
顔にシミが出来るのはごく少数のケースですし、長期で服用している患者さんの場合が多いです。

 

・・プレマリンを飲むと太るのか

 

プレマリンを使った治療をした人が太ったと感じることがあります。
しかし、これはプレマリン事態の影響と言うよりは、一緒に服用している黄体ホルモンの影響と考えられます。
黄体ホルモンが増えると女性の体は妊娠したと判断して、妊娠の準備に入ります。
脂肪を増やして赤ちゃんを育てる体制に入るのです。
そのため太ったように感じるのです。

 

・・どうして吐き気を感じるの

 

ホルモン治療をすると、体がこれまで慣れていなかった量の女性ホルモンが体内に入ることになります。
体が女性ホルモンの量が急に増えたことに戸惑い、吐き気を感じるのです。
しかし、徐々にホルモンを処理できるように体が慣れてくると収まってきます。

 

プレマリン利用者の良い口コミと悪い口コミ

 

プレマリンを利用した人は、どんなコメントをしているでしょうか?

 

・・悪い口コミ

 

・物足りない

 

プレマリンは効果が弱いと感じます。
もっと飲み続けたら効能が出てくるのかも知れませんが、今のところびっくりするような効果を感じません。(40代女性)

 

・太りやすくなった

 

不妊のための治療を始めたら太りやすくなりました。
プレマリンなのか他の薬の影響なのか分かりませんが残念です。(40代女性)

 

・・良い口コミ

 

・他の薬より効く

 

今まで他の更年期障害の薬を飲んでいました。
でも効き目が弱くて物足りませんでした。
プレマリンに変えたら、しっかり利いてくれて体調がとても良いです。(50代女性)

 

・肌つやが良くなった

 

更年期の症状が重くて病院からプレマリンを処方されました。
処方された薬が切れたらまた症状が出てきたので、通販でもう一度同じプレマリンを買いました。
プレマリンを飲むと辛い更年期症状が治まって、精神的に楽になります。
だからなのか肌つやが良くなったと思います。
家族からも肌の調子が良さそうだねと言われますよ。(50代女性)

 

・体への負担が少ない

 

医師から勧められた他の薬は副作用が強く向いていませんでした。
プレマリンへ変えてからは、頭痛や吐き気を感じなくて助かっています。(40代女性)

 

更年期障害や不妊の治療に使われるプレマリンは、トータルバランスに優れた薬です。
女性の体への負荷が少ないにもかかわらず、一定の威力があります。
婦人科系の病気の症状を改善するために必要な女性ホルモンの量を増やしてくれる特徴があります。
服用するときに注意すべきなのは、乳がんや子宮がんの治療の際には飲んではいけないことです。
プレマリンを飲むことで、がんが悪化してしまいます。
家系的に乳がんや子宮がんにかかりやすい場合は、前もって検査をしてから服用するようにして下さい。
気を付けるべき副作用は血栓症です。
長い間座った状態の時には、時々経って足を動かすようにしましょう。
エコノミー症候群のように座ったままだと足に血栓ができやすくなります。
プレマリンを使って更年期の辛い症状を緩和させていきたいですね。

 

TOPへ